図書紹介

数学は「分かる」「解ける」「時間内にミスせず得点」が別々だと先日申し上げました。いずれにしても、与えられた数式をどのように書き進めて行くかを理解して練習する必要があります。「合格る計算」(数学Ⅰ・A・Ⅱ・B)では、基本的な理解を促し、筆者の技を伝授したのち、類似の計算問題が5問以上用意されているので、計算がなかなか進まない人には大変良い図書だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA