数学の成績アップは筋トレと同じ

数学という科目は、「分かった」からと言って、いつも「得点(成績アップ)できる」わけではありません。そういった意味で、資格学校で担当させていただいている科目と共通点があります。今年はそういった意味も込めて、私の担当科目は「筋トレ」だ!でシーズンを通しました。講義自体が1ヶ月~2ヶ月空いてしまうこともあり、その間にコツコツ受講生が問題に取り組んでいなければ、たいていの場合は前のことはスッカリ忘れてしまいます。しかし、毎日取り組んでシッカリした「筋肉」がつけば、最後には「筋肉は裏切らない!」ってことで試験本番でシッカリ得点できるというものでした。逆に「筋肉」がついたからといって怠けてしまうと、せっかくついた「筋肉」はすぐに失われてしまいます。その上で「筋トレの素」「筋トレメニュー」なども導入して、実際に受講生が何をどのように試験本番まで取り組むかを示し、状況確認しました。担当科目は身体で覚えることにして、他の科目に残ったメモリーで暗記できるものを増やすという作戦です。数学レスキュー隊でも、同様のスタンスでご案内予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA