すばやく推理せよ!

1990年第1刷。樺 旦純(かんば わたる)先生の「図説 数学おもしろ事典」より。

ここに赤い帽子が二つと白い帽子が一つある。これをA、B二人にかぶせる。互いに相手のかぶっている帽子は見えるが、自分が何色の帽子をかぶっているかわからない。相手の帽子の色をみて自分の帽子の色を当てようというわけだ。

目かくしをした二人に赤い帽子をかぶせ、白い帽子はかくしてしまった。目かくしをはずした二人は一瞬お互いに相手を見つめあい、そしてしばらくして、ほとんど同時に手をあげて自分のかぶっているのは赤い帽子であると答えた。

いったい、二人はどのような推理を行ったのだろうか。

古くからある有名なパズルの問題です。それほどむずかしくはないので、ちょびっと推理しましょう。どうしても分からない人で答えを知りたい人は、お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA