対数(中級)No.1-A

対数の方程式で不等号が入ってきたり、領域の問題が入ってきたりするとグラフをキチンと描く必要があります。グラフを描く際はできるだけ直線は定規で引いたように、目盛りもできるだけ等間隔で描けるようにしたいのですが、試験会場には定規を持ち込めません。そこで、x軸、y軸等の直線を引くときは適当に短くなった鉛筆を定規替わりに使って真っすぐな線を引けるよう練習しておくことをお勧めします。慣れてくるとそれほど難しくはありません。できるだけきれいなグラフを描くことが数学上達するために必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA