対数(中級)No.1-B

対数のグラフが描けたら、いよいよ不等式。通常の不等式でも少々やっかいですが、対数の不等式は底(正の実数)の大きさ(1より大きいか小さいか)によっても不等号の向きが変わります。実際に式で正しい答えを導くとともに、頭がこんがらがったらグラフを描いてみると間違いがなくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA