対数(中級)No.1-B(解説)

対数は底の大きさとマイナスの符号がついた場合が不等号の向きが変わる場合があるので、ややこしいですね。で、底が2のものばかり扱ったので、底が1/2になったときの関係をシッカリ身に着けてやりやすく、間違いのない式の変形を習得しましょう。慣れないうちはグラフを描いて検算に当てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA