1問にかかる時間

数学の勉強は「筋トレ」と同じとお話したことがあります。慣れてないと解くのに1問30分かかる問題も、慣れてくると20分で解けるようになったりします。この1問にかかる時間は毎日コツコツ問題にあたることで短くなっていくのですが、そうすると今度は一定時間に解ける問題数が増えてきます。その繰り返しによって、数学は出来るようになる人はどんどん上達していき、出来ないようになってしまう人は、どんどん出来ないようになっていきます。ですから数学が苦手だなと思う人は歯を食いしばってでも最低1日1問は解く、というのが最終防衛線になります。解ける問題からでOKです、1日1問がんばりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA