対数(上級)No.3-A(解説)

対数の不等式から発展した、領域に関する問題でした。真数、底の条件を整理しながら、場合分けして領域を斜線で図示します。

関数のどちら側が斜線の領域に該当するかは、適当な点を代入して不等式が成り立つか成り立たないかで確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA