図書紹介

フォーカスゴールド(啓林館)

表紙が黒いので、見ただけで、身が引き締まる感じがしますね。

内容構成はマスター編、チャレンジ編、実践編となっています。マスター編でシッカリ基礎を身に着けてからチャレンジ編、実践編と移ります。

マスター編は例題でしっかり解説を理解したのち、同様の問題が練習として同じページにあるので良い構成になっています。それぞれに☆の数で難易度を示しています。

ここまで対数をやってきたわけですが、真数がxの2乗になっている問題で、真数xに特に条件が付されてない場合であればxの肩にある2をlogの前に出した場合に残った真数に|x|と絶対値をつけた問題を扱っているのは、いままで紹介した図書のうちでは、このフォーカスゴールドだけでした。

むむ、まさしくクロウトっぽい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA