数列(初級)No.1-A

対数の次は数列を考えて行くこととします。まずは、等差数列から。

数列で問題を見た瞬間「?」となったら、とにかく書けるところまで書くというのが、少し難し問題になったとしても大切なことになります。また、どの公式も一度は導いてみましょう。その時の作業が難しくなった問題に対しても役に立つときが、きっと来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA