東工大に現役で合格した男の数学の勉強法

 こんにちは。ミツボシです。今回「東工大に現役合格したのなら、その勉強法を書いてくれないか」と頼まれ記事を書いているわけですが、正直もうすでにうさん臭さがすごいです。記事の題名の時点で、釣りサイトにありそうな記事の臭いがします。

なので、結論は初めに短く単純に書くことにして、詳しく知りたい方だけきちんと読んでいただければと思います。僕が数学の成績を安定して高く取り続けるために実践していたことの全てを書くつもりです。

僕がやっていたことは究極的にはたった一つです。それは
問題集の問題を端から端まですべてやる
これだけです。

文字通り端から端までです。簡単な計算問題から少し応用が入った問題まで全てです。できれば例題と類題がセットになっている問題集ではなく、問題がたくさん載っているような問題集のほうが良いです。やるときに意識していたことも簡単にまとめると以下のようになります。

① なぜ間違えたかをはっきりさせる
② 解説を見てわからないところはわかるまで考えたり、調べたりする③ 解答を書くときは記述式の試験の時のようにしっかり書く

この3つを徹底して問題集を端から端までやると、嫌でも数学の成績があがるはずです。
では、色々と補足をしていきましょう。

① なぜ間違えたのかをはっきりさせる
すごい当たり前の話ですが、間違えたときに〇×をつけて終わりにするのはとてつもなく無意味です。なぜ間違えたか精査せずに問題の量をこなすのは、古き悪しき根性論を想起させるくらいには非効率極まりないです。身に覚えがある場合は今すぐにやめましょう。
 では、どうするのか。まず、問題の間違え方は大まかに2種類に分けられます。「やり方が分からなかった、間違えた」か「計算ミスなどのケアレスミスか」です。前者の場合は簡単です。回答を見ましょう。遠慮なく見ましょう。
後者の場合が厄介です。計算ミスや符号ミスといったケアレスミスは長い目で治す必要があります。なぜ問題集を端から端までやるのか、その理由の一つが「ケアレスミスを治す」です。ケアレスミスを治すためには自分のミスの癖を発見する必要があります。そのためには、問題の数をこなさないと傾向が見えてきません。しっかりと分析しましょう。

② 解説を見てわからないところはわかるまで考えたり調べたりする
 解説を見る場面は多いと思います。例えば解き方が分からなかった時に見ると思います。ただ、どの解説もわかりやすく書いているとは限りません。ものによっては、解説が不十分であるために一見すると何が起こったのかわからないとかそういうことがあります。実際に、僕が使っていた問題集は、途中式が省略されすぎてて何もわからない瞬間があったりしました。そういうときに、わかるまで考えるのはとても大事です。もちろん調べたり、誰かに聞いたりしても構いませんが、まずは自分で理解をしようとすることが何より大事です。そうすると、より解き方が自分の記憶に定着しやすくなります。

③ 解答を書くときは記述式の試験の時のようにしっかり書く
 数学の成績を伸ばすのに必要なことは「問題と解法の一対一対応の幅を増やすこと」です。しかし、普通の人間に覚えられることは限られていますし、そのリソース自体も英語などに割きたいリソースです。だから、数学に関してはできる限り思い出す作業を省きたいのです。そこで、問題演習の時に記述試験の時のように記述をしっかり書くようにすることのメリットが出てきます。実際にやってみるとわかるのですが、類題を4,5問解いたあたりで、「この文章さっきも見たな…」という瞬間が来るはずです。そうすると「この類の問題はこう書けばいいんだな?」という感覚にだんだん置き換わっていきます。つまり、解法を頭ではなく体に覚えさせるわけです。そのために記述をしっかり書くわけです。ただし、記述を書くときは「初めて見た人でもわかるように」というのがポイントです。最初のうちは解説を参考にして書くのが良いと思います。
 これを徹底するようになるとどうなるのか。復習に時間がいらなくなります。解ける問題はたとえ紙がなくても解く手順が大体思い浮かべられるようになります。それができない問題が、今自分が解けない問題なのでそれを実際に解くなりして復習すればよいのです。数学の復習に割く時間が減るので相対的にほかの教科に回せる時間が増えます。Winwinです。

 さてここまで書いてきたわけですが、疑問点はあると思います。「東工大に受かったっていうくらいだから何か特別なこととか、特別な問題集を使ってたんじゃないの?」とか。正直に言って、僕は参考書等は一度も購入したことがありません。学校から支給された、オリジナルでも何でもないただの問題集を端から端までやっただけです。いわゆる典型題を漏らさずに解けるようにした、ただそれだけでした。高校時代は同じクラスに僕よりも発想が柔軟だったり、難しい問題に積極的に挑戦していたりした人はいました。ですが、それでも「典型題をほぼ全て網羅している」この一点だけで彼らを上回ることは可能なのです。

 ここまで読んでくださった方に一つだけ数学を勉強するときのメンタルの保ち方を紹介します。それは「お遊び感覚で答え合わせをする」ということです。数学はありとあらゆる場面でミスを誘発する学問です。問題は真剣に解きます。解説を読みとくのも真剣にやります。けれど、ミスをしても「やらかした~」くらいの気軽な反応で済ますことは大事です。たとえ、テストの点数が低くとも「やらかした~」くらいで済ますのが大事です。数学は問題集を少なくとも端から端までやるくらいには気長にやらなければいけません。一つ一つのミスに対してイラついていたら最後まで持たないのです。なので、ミスをしたときは「終わったこと」として当時の自分を責めるのではなくて、気楽に流してなぜミスをしたのかを精査しましょう。気分はソシャゲの周回です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA