数列(初級)No.2-C(解説)

初項からn項までの和、初項から末項までの和の公式は本質的には同じ公式ですね。

最初と最後をひっくり返して、タテにならべて項数だけ掛けて2で割ります。

ですので、第20項から第31項など中途半端な項数が出ても理屈は同じ。nがいくつになるかだけ注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA