成績が良い ≠ 頭が良い

学校のテストの成績が良い人をつかまえて、あなたは「あの人は、頭が良い」といって片づけていませんか?

「成績が良い」と「頭が良い」は必ずしも「=」で結ばれません。

どちらかというと、成績が良くなるほど、勉強の量はドンドン増えて行きます。

たとえば、40点の人が20点アップして60点にするのと、60点の人が20点アップして80点にするのとでは、後者のほうが厳しいのは理解できますね?

80点の人は、たくさん勉強をして、次にまた80点を取ると、なんだか「勉強の成果が出てない?」「あれだけ勉強したのに?」ということになりかねません。

すると、そこから点数を上げるために、一層の勉強をすることになります。

そうした、努力を積み重ねたうえで一見「涼しげ」に高得点をとった人を捕まえて、「頭が良い」で片づけてたら、そのうち「高得点」の人から

ぶっとばされるかも~

自分の努力不足を「頭の良し悪し」で片づけないようにしましょう。

あなたも「やればできる!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA