問題集の取り組みかた

手元にある数学の問題集。とにかく、こなして先へ先へと行っていませんか?

一つの問題は、二度と復習しなくても良いくらい、シッカリ理解して次へ進みましょう。〇×だけつけて、見直しをソコソコにしているようでは、せっかくの勉強時間がもったいないことになります。

間違えた場合には理解不足なのか、計算ミスなのかをしっかり見直したうえで、じっくりとやるべきことを確認しながら進みましょう。

そして、見直しのときに、分からなかった、間違えたなどの自分なりの印やメモをつけておくと先生に質問したり復習の時に役に立ちます。

また、復習のときに全ての問題を最初から解いていたのでは、効率が悪いです。問題を見た瞬間、解法が頭の中にスラスラ思い浮かぶ問題はOK、そうでない問題や前に間違えた問題だけ解いてみるといったやり方が良いと思います。

勉強時間にも限りがありますので、少しずつ効率も考えて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA