暗記と理解のバランス

数学は「暗記」だと言う人もいます。暗記は必要なくて「理解」だと言う人もいます。

数学レスキュー隊はどちらかというと「理解」に軸足を置いていますが、全く「暗記」をしなくても良いわけではありません。

暗記すべきものには、公式や解法があります。ある程度、暗記をしておけば問題を解く上で楽なのは事実です。

ここで再確認したいことは、「暗記」≠「丸暗記」ということです。

最終的に暗記すべきことも理解してから使うようにしないと、公式や解法の意味も分からず、最初から丸暗記をしていると、どこかで壁にぶち当たり、それを超えられなくなってしまいます。

しっかり理解した上で、暗記すべきものと、手を動かして、その都度計算するものを分けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA