数学の勉強方法

数学の勉強方法は、ズバリ「手を動かす」ことです。これは、数学がある程度できるようになっても共通しています。「分からない」から「手が動かない」わけですが、ならば「分からなくても」「手を動かすこと」で「解ける」に一歩近づきましょう。

目の前に「分からない」類似問題が6問あった場合、一気に6問やって「分からなかった」で6問答え合わせするよりも、1問やった時点で、分からなければサッサと解答を見て「書き写す(手を動かす)」。その、書き写したものを見ながら2問目を解いてみる。それでも、分からなければ1問目と同じことを繰り返し、2問目が自力で解ければ3問目を解いてみる。そして、見直しの際は6問まとめて解答をもう一度、書いてみることです。

問題で提示されている条件が、解答の式にどのように使われているかを、頭で覚えるのではなく身体で覚える感じです。つまり「空中戦(頭で考える)」ではなく「地上戦(紙の上で手が動いている)」ですね。こういった練習をするにも、問題集では、類似問題が5問以上は必要です。解答も、そのまま書いても減点ゼロのように細かく解説しているものが望ましいです。

数学の試験問題は全体で5~6問構成で2問目以降は大問で1問20点~40点と大きいので、ある単元が全く分からないと1問すべて取れなくなってしまいます。数学の勉強を、これから本格的に始める人は一つの単元の上級レベルまで行って、次の単元に移るよりも、一通り基礎的な問題をやって、中級以上の問題にチャレンジすると良いでしょう。ただし、定期テスト対策や未履修単元がある場合は、履修範囲を上級レベルまで解けるよう練習しましょう。

そして、数学は「分かる」と「解ける」と「時間内にミスせず得点する」が別々のハードルとして存在します。なので、1問でも良いので、数学の問題は毎日取り組むことが何より大事です。そして、問題を目で見たら、頭に行かず、脊髄で反射して手が動いているくらいになるまで練習することです。

TEXで問題と解答・解説の作成のお手伝い

見よう見まねで数学の問題と解答・解説を作成してみましたが、やっぱりWordで作成するのとは違い美しい!既に掲載した、問題等もTEXで作り直そうかとも考えましたが、これは戒めとして、そのままにして先に進もうと思います。

美しいのは、ハッキリしてますが、やっぱり作成するのは大変でした。最初の1問作成してしまえば、変数を変えるだけでしたが数学の指導者の方はこれを作るとなると大変だなぁっと思った次第で、このTEXで問題と解答・解説作成のお手伝いが出来たらと考えました。

費用は検討中です。問題と解説を提供いただいてTEXで編集するだけと、問題等から作成する場合は違いますので、お手伝いさせていただく内容で要相談にはなると思います。どれくらいのことができるかは、作成した問題と解答・解説をご覧ください。

二次関数の基礎(初級)No.1-B(解答)

二次関数でxの変域が示されて最大値、最小値を求める問題でした。関数の問題では、とにかくグラフを描くことが大切で、特に指示されていなくても習慣としてグラフは描くようにしたいところです。この問題では、xの2乗や1乗につく係数やxの変域によって難易度が変わって来ますのでA問題が理解出来てB問題で練習して確認するという手順を取ってみました。グラフをキチンと描くことが出来れば、目先を変えられても対応できます。

お手伝いの意味

「数学レスキュー隊」のサブタイトルに「~のお手伝い」とさせていただいている意味の一つは、頼りにしていただく方の「時間の節約」に少しでもお役に立てたらという意味があります。あくまでも、主体は皆さん自身です。ですが、勉強しているときに分からなくなって、自分で解決すると2時間かかるかも知れない箇所を、「ヘルプ(質問)」を出すことで、10分で済ませ、できた時間を他の勉強に充てる。また、指導者の皆さんが、問題や解説を考え体裁よくTexで作成しようとすると1日かかるところを「ヘルプ(作成依頼)」を出すことによって、1時間で済ませ、その時間を生徒の成績管理や指導方法の検討に充てる。私(すばる隊長)も資格学校の講師をしているので、受講生一人一人が、どうやって成績を伸ばし合格を勝ち取るかが大切であって、決まりきった講義をしているだけで、講師の仕事はおしまいってのは違うと考えてます。teaching+coachingですね。指導者の方々も、持てる時間を「コーチング」に重点を置いていただきたいと思ってます。もろもろ、自分で解決するのが本来の姿かも知れませんが、学生の方も、指導者の方も持ち時間は限られています。皆さんが本来の目的、目標達成に少しでも早く到達できるよう「お手伝い」させていただけたらと考えております。

数学指導のお手伝い

数学の問題や解説を作成して痛感したのが、数学の指導者の方々も色々と大変だなぁってことです。二次関数(初級)No.1-Bから、問題作成をWordからTex(テフ)を使い始めました。これが、まず大変。であれば、その大変な作業をしている数学の指導者の方々のお手伝いもできたらと考えました。もう少ししたら、Texでの編集も上達すると思いますので、数学の指導者の方々に代わって問題、解説の編集や作成もお手伝いしたいと思いました。まずは、いろいろ探したなかでTexの良さそうな図書がありましたので、紹介します。奥村先生の著書です。ネットなどで調べてもブツ切りでなかなか前へ進めない状況ですが、この本を活用して、前進したいと思います。良かった点などを、またの機会にお伝えします。今のところ、Texでグラフを描くのは、専用のマクロ?パッケージ?みたいなものが必要そうです。

図書の紹介

ひとことで数学と言っても、文系、理系と分かれますし、定期テスト対策だったり入試対策だったりします。学校で決められた参考書や問題集が自分のレベルや目的に合っているか分かりませんね。数学レスキュー隊では、これからできるだけ多くの参考書や問題集を用意し、会員生徒さんに適したもののアドバイスをできたらと準備しています。

そこで、今回は「文系の数学」(河合出版)を紹介します。「重要事項完全習得編」と「実戦力向上編」があります。今日現在、手元にあるのは「重要事項完全習得編」で152項目に1問ずつ、解説と解説講義が丁寧についていて分かりやすい構成になっています。巻末に演習問題120問もついてますので、1日1項目+演習問題1問ずつで約半年。2問ずつで約3か月。数学はとにかく1問でも毎日取り組むことが上達のカギです。

下の図書のアイコンは、クリックするとアマゾンに行ってしまうので、ご購入は内容をご確認の上、ご判断願います。

二次関数の基礎(解説&解答)

二次関数の基礎No.1-Aの解説と解答を掲載します。関数については、とにかくグラフを描くことが大切で、特にグラフを描かなくても解ける問題でも、グラフを描く習慣を身につけましょう。そのことによって、式だけでは分からない条件が視覚的に意識しながら問題を解くことができるようになります。